ウイルス対策に石けん手洗いとアルコールスプレーは有効。でも…コロナ時代に「衛生美容」という新基準。

新型コロナウイルスの拡大に伴い、わたしたちはこれまでよりも手洗いをすることが頻繁になってきています。それと合わせて定期的な消毒も日々の習慣になってきていて、洗いすぎ、除菌し過ぎで手の肌にひびができたり、目に見えない傷ができて、手が荒れてしまっている人も少なくはないのではないでしょうか。

ウイルスから身を守る除菌とともに、手が荒れない衛生美容という観点からウィズ・コロナのケア方法をご紹介します。



適切なケア方法を知るためにはウイルスの構造を知る

新型コロナウイルス、インフルエンザウイルス、ノロウイルス、ウイルスと付くものは私たちの生活の中に既に存在していますが、そもそもウイルスとはどういうものなのでしょうか。細菌と間違って認識して、対処法を誤ると思わぬ事態に陥ってしまうこともあるかもしれませんし、巷で噂の方法に惑わされてしまうこともあるかもしれません。

まずはウイルスとは何かを知ることからはじめましょう。

専門的な内容は専門紙・専門家に譲るとして、ここでは衛生美容の観点で知っておくと良いことを紹介していきます。

まず最初にウイルスと細菌の違いですが、細菌は自分で細胞分裂して増殖していくもので、抗生物質が有効です。しかし、ウイルスは抗生物質が効かず、人や生物の細胞内に入ることで栄養素を吸い取り、寄生して増殖していくのが特徴です。

そのため、抗生物質も効かないウイルスであり、ワクチンも開発されていない新型のウイルスは発症すると治療が困難な状態になるのです。だからこそ、予防を行うことが重要です。



2つ目にウイルスには大きく2種類の形が存在します。脂質膜というエンベロープという膜で覆われているものとノンエンベロープという膜で覆われていないものとで分かれます。ノンエンベロープウイルスの代表はノロウイルスです。ノロウイルスは膜で覆われてなくとも生きていける強いウイルスになります。膜で覆われているエンベロープウイルスはインフルエンザを始め、現在世界的に感染拡大している新型コロナウイルスも膜で覆われているウイルスになります。そのため、この膜が壊れるとウイルスが不活性化して生きていけなくなるのです。


石けんとアルコール消毒が有効

では、その膜を壊すにはどうすればよいのかというのが石けんを使った手洗いやアルコール消毒になるのです。石けんやアルコールには脂質を溶かすはたらきがあります。ウイルスの膜は脂質でできているので、石けんやアルコールに触れることでウイルスの膜が壊れ、不活性化するのです。

アルコール除菌スプレーの選び方

だからこそ、ドラッグストアを始め至るところで除菌スプレー、アルコールスプレーが求められるようになっているのです。そんな中でアルコールの濃度にバラツキがあるのも事実で、日本薬局方(日本の医薬品の規格基準書)では殺菌(除菌・消毒)に使用されるアルコールの殺菌効果の濃度範囲は76.9~81.4%としていますが、米国薬局方では68.5~71.5%、WHOでは60.0~80.0%と見解も分かれています。しかしこれらの見解は2000年以前の生活様式に当てはめた考え方で現在の生活様式に当てはめるとそぐわないこともあるそうです。

2020年4月17日に北里大学の研究グループの最新の研究によると、濃度50%以上のアルコールに、接触時間1分間で新型コロナウイルスの不活性化が十分可能であると発表しています。

そのため、アルコールの濃度の違いで除菌スプレーを選ぶよりも、1分かけて丁寧に手にもみ込む使い方が重要になるのです。

手洗いと除菌のやりすぎで手荒れも起きるその理由

一方で手洗いと除菌で手が荒れてしまっている人もいるのではないでしょうか。アトピー肌の方は日頃から感じていると思いますが、石けんでの手洗いやアルコールスプレーを使って除菌すると手がカサついたり、ゴワゴワしてしまったりで、極力使用を避けていたり。

なぜこのようなことが起きるかというと、肌の表面の角質層はリン脂質とマッチ棒のようなものがミルフィーユ状に重なって作られています。マッチ棒の頭の部分は水に馴染みやすく、棒の方が油に馴染みやすいものです。この構造を「ラメラ構造」と言いますが、前述の通り、石けんやアルコールは脂質(油)を溶かすはたらきがあるので、このラメラ構造を壊してしまう原因になるのです。ラメラ構造が壊れると肌に必要な水分を保つことができずに乾燥や手荒れに繋がってしまうのです。

せっかく手洗いや除菌を徹底しても、手が荒れてしまっては、肌のバリア機能が崩れているのでそこからウイルスや細菌が体内に侵入してしまう入り口になってしまいかねません。

そして何より手は年齢が出る場所とも言われているので、美容の観点からもそうはなりたくありませんね。


衛生美容という習慣がコロナ時代の新基準

これからの時代のハンドケア習慣のキーワードは除菌と保湿の両立。自宅だけではなく、職場や外出時でもスマートフォンのように持ち歩き、衛生面と美容面をケアしていきましょう。ハイジェニックコスメという衛生化粧品がわたしたちの美容と健康をサポートし、あなたの大切な人を守る役割も担います。



Hygienic cosmetics(ハイジェニックコスメティクス)というブランドから発売されている「モイストハンドクリーン」は天然植物発酵アルコールをベースに肌の3大保湿成分のコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを配合。殺菌・抗菌・抗炎症作用に優れているユーカリやティートゥリーのアロマオイルとエコサート認証のオーガニック植物エキスを配合しているアルコールローションです。



香りのヴェールで包み、潤いを与えながら手指を清潔に


さらに詳しく >