PREVIA THE GREEN BEAUTY FACTOR|グリーン・ビューティー・ファクター



PREVIA|グリーン・ビューティー・ファクター


ナチュラルが最新トレンドであるとは否定できません。


長い間、環境系商品はもはや特権的なニッチな商品として限られていました。数値的な部分で言うと、世界的に2.4%の新商品は環境系商品(1年でおおよそ2,000商品が新商品や新処方、アイテム拡大、リニューアルなどで出ています。)でイタリアの化粧品市場のおおよそ50%を占めます。


環境の関心は、企業のオファーによってあるとされていますが、世の中のニーズとしても存在しています。Web上で、ナチュラルに関連するタグはブームで環境は美容やファッション、トラベル、食事、自由時間と並んで最近の検索キーワードになっています。グーグルトレンドは自然生物界に関係されているワードがここ10年間でより多く検索されていることを裏付けており、ナチュラル製品の消費に関して、2015年のISMEA(イタリアの農業・食品市場サービス協会)の約20億の報告では、食品分野だけでおおよそ3億の消費があり、食品以外も含めたナチュラル製品の消費はもはや国レベルです。


A GREEN PRODUCT = A GOOD PRODUCT

グリーン・プロダクト=グッド・プロダクト


しかし、なぜエコは偉大なニーズになったのでしょうか?テクノロジーは時間と場所の制約条件に打ち勝ち、消費者は地球規模でスローライフの喜びとわたしたちにより似ているという自然界からの気づきを再認識しました。したがってそれがより良く広がり始めています。


増加する感性は動物や環境へと向けられています。


全面的に肌や動物、環境への尊敬心をもって作られているため、ナチュラル化粧品はこれらのトピックを完全に体現しています。


ナチュラルは他の価値を必要とする価値です。倫理と正義や結束のような社会的価値から持続可能で、領土や生物多様性、地産の強化に関連しています。環境に良いだけでなく、わたしたちにとっても良い商品ということでナチュラル商品は本当に認められています。


THE SPREADING OF A GREEN CONSCIENCE

環境への意識の拡大


特別な意識が持続可能な環境と再生可能エネルギーの概念へといつも払われていた北欧とドイツで関税がかけられるようになった後、環境への良心はイタリア全土に達し、徐々にすべての分野と流通チャネルで関税がかけられるようになってきています。成長しているブランドの多くは商品ラインナップの中に最低一つの環境商品があるように選択しています。これから数年のうちに、成長する上でより求められるようになるのがトレンドです。


オンラインリサーチを実施する企業のヒューマン・ハイウェイ社はイタリアで70%の消費者が“持続可能な商品や環境への配慮、倫理的な約束”をより好むということを取り上げています。このトレンドは未来でも成長することが運命づけられているのでしょうか?消費者トレンドにおけるミンテル(イギリスの調査会社)の計算が今後10年間市場を席巻するだろうと言っています。


ナチュラル処方

新たな環境に配慮した広がりとともに、化粧品業界はより純粋に、より多くのナチュラル製品へと報いるようになり、石油系成分やミネラルオイル、動物性成分、動物実験(2008年から法律で禁止されていますが、まだいくつかの企業が疑わしいことを行っています)、着色剤、合成香料、シリコン、パラベンなどに頼ることなく作るようになっていきます。


植物エキスや自然なエッセンシャルオイルや自然由来の成分(研究室で無駄なく、有害物質を使わず、改良されている成分)で処方されている製品は天然の香りとアロマがあります。多くのこれらの活性型成分はラテン語で表記されたINCI(化粧品原料国際命名法)として認められています。





オススメの商品






※本記事はプレヴィアの日本の正規総代理店の当グループがこちらのサイトを元に編集しています。できる限り忠実に記載していますが、サイトの都合で情報が最新ではない場合がございますので、ご容赦下さい。